のほほ~ん日記 きな虎とまこと

毎日の些細な出来事をのほほ~んと気の向くままに更新します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

DCM21

どうしよう、どうしよう、もう5月の中旬。
前の更新は4月上旬。
この時間の早さは…。愕然としながらも、元気印で頑張って暮しております。

北海道も水仙、梅、桜がワーっと咲いて華やかでございます。
我が家の食卓も…と言いたいトコロですが、変わり映えしない食事です。
でも、いいの。続ける事に意味がある。


・ハヤシライス
20110326-1005.jpg
簡単なのに美味しいのは、市販ルーの底力…。
手作りに憧れながらも、美味しいし簡単だからルーを買っちゃいます。
それにしても、素敵なお皿だなぁ。お皿にほれぼれ。

・ヒレ肉のソテー
20110406-10001.jpg
最近、肉食系に走っております。
肉、肉、肉が食べたいーー!!と思ってしまう。血が足りないのか?

・春巻き。スプリングロール。
20110423-10001.jpg
餡の具合が少し緩くて爆発したモノもいくつかありました。
若干、色味が薄いのはビビッて早く仕上げたから。
次回はしっかりとした餡にします。

・ミートソース
20110512-10004.jpg
茹でたパスタにソースとバターを絡めて炒め、その上にまたソースをかけて食べるのが好きです。
ビバ・ハイカロリー!!


タニタ社員食堂の500キロカロリーレシピが人気の昨今。
我が家も何か参考に…とレシピを盗みつつも、いつものレパートリーになってしまいます。

工夫しだいでカロリーは減らせるのにねぇ。
その一手間をかけられる主婦になれるように~ぼちぼちやっていきます。

次回の更新もまた少し遅れる可能性があります、お許し下さいませ。

スポンサーサイト

PageTop

DCM20

ご無沙汰しております。

東日本大震災からもうすぐで一ヶ月近く経ちます。そして、昨晩も強い余震がありました。
復興への道を歩き出している時の余震。
想像しただけで心が折れそうになっちゃうけど、なんとか、耐えて欲しいと願ってやみません。

宮崎駿監督が震災に関して以下のようなコメントをされていました。

「私達の列島は繰り返し災害におそわれてきたが、それでも自然の豊かな恵まれた島。困難や苦しみがあっても、もう一度美しい島に戻すために努力する甲斐がある。」

この言葉を信じて、前に進みたいです。

温かいご飯を食べられる環境に感謝して、大事カレー皿祭り再開します。

・海老フライ
20110215-10002.jpg
海老が小さい?気にしない。揚げたて出来立てって本当に美味しい。

・あんかけ焼きそば
20110223-10002.jpg
うずらの卵って、あんかけ以外に調理した事が無い。
他のメニュー…フライとかでしょうか??

・肉豆腐
20110311-1006.jpg
すき焼よりも豆腐の価値が高まる、肉豆腐。
普通の木綿豆腐を焼き付けるひと手間が好きです。

・鮭フライ
20110223-10004.jpg
生鮭を頂いたので、フライに。
塩を利かせすぎて少し塩辛かった記憶が…。塩加減は難しい。

・番外編 ちらし寿司
20110304-10002.jpg
雛祭りは大好きだなぁ。年々好きになるイベントの一つです。
ちらし寿司、から揚げ、菜の花の辛し和え、はまぐりのお吸い物。
春だなーって思います。


いつも通りにガスと水道が使えて、温かいご飯が食べられる日々。
これは、当然の事では無くて、多くの人の支えと温暖な気候、平和があってこその有難い現実。

小さなイライラや、不満を口にだす時間があるならば、この環境に感謝して、身近な誰かに温かい言葉をかけていたいと思うきな虎でした。

PageTop

東北関東大震災

被害に合われた方々、避難生活を送られている方々、親族・友人・同僚の安否を心配されている方々、各種支援をされている方々、多くの方々が、折れそうな心の中で、必死に自分を奮い立てて過ごしておられることと思います。

心から御見舞い申し上げるとともに、これ以上、被害が広がらない事を願っています。
そして、より多くの方に早く、適切な支援が行き渡ることを祈っています。

被災地以外での食料物資の不足、ガソリンの不足、電力の不足…
これからも色々と問題が出てくると思いますが、溢れる情報に振り回されず、情報を精査して、
出来るだけ冷静に過ごしたいと思っています。

私たちには立ち上がる力があると信じて。

o0180018011105879012.jpg


PageTop

私の愛読書 「スゴイぞ!土鍋」

本当に…この本に出ているお料理の美味しさといったら…。

すっごーい美味しいので、皆様、ぜひ参考にしてみて下さいませ。

道歩さんのお料理をお手本にして食事をすると、「体が喜んでるー!!」と感じます。

sugoizodonabe1.jpg

sugo2.gif
→リンクはこちら

という事で、今回は福森道歩さんの料理本、「スゴイぞ!土鍋」のご紹介です。

私の料理で恐縮ですが…こんなお料理が出来ますよー。
これら以外にも、まだまだ!たくさんのレシピが載っています。

・手羽中のねぎ焼き
20100529-1001.jpg

・鶏すき焼き
20100607-1006.jpg

・鍋の後の雑炊(これは私の適当料理)
20100607-1008.jpg

・アラビアータ
20100519-1001.jpg

・チリコンカン
20100522-1001.jpg

・生姜ご飯
20100524-1-10015.jpg

・鶏だんごと水菜の鍋
20100515-1001.jpg

これら以外にも、ローストビーフ、ステーキ、ビビンバ、ラザニア、パエリア、りんごのコンポート等々…。
写真もきれいなので、見ているだけで「はぁ、幸せ」という気分になれます♪

皆様、ぜひご覧下さいませ。

ほぼ日さんで道歩さんの記事も出ています。

造り手さんの事を少しでも知っているだけで、その品物に対する愛情は倍増するんだなぁ~って今さらながら思います。

これからも大事にしていきたいと思います。

PageTop

DCM19

久々のご飯ネタで…どこまで書いたのか自分でもわかりません…。

なので、作って覚えているメニューを紹介しますねー。

大事なカレー皿はもちろん、大活躍です。

・メインはオムレツ
20110212-1005.jpg

ちょっと…端っこにいますが、メインはオムレツ。
自動販売機で新鮮な卵を売っている「コッコちゃん」で購入した卵を使いました。
久々のオムレツ。しみじみ旨かった。

・鶏肉のレタス包み
20110111-10027.jpg
鶏胸肉、椎茸、たけのこを中華風に味付けして、ご飯と一緒にレタスに包んで食べます。
母直伝の味。食べ始めたら、止まらない。

・牛肉と里芋の鍋 〆はキムチうどんだよ。
20110106-10034.jpg
これは大事なカレー皿ではなく、土楽さんの土鍋を使ったお鍋料理。
里芋をメインに各種野菜と牛肉を入れます。出汁はあっさり和風です。

これは主人の母から教えてもらったレシピ。
牛肉なんてぜいたくー!!と思いながら…あっという間に食べちゃいました。

20110106-10036.jpg
〆にはキムチとうどん、卵を入れます。
味がぐっと変わって、美味しかったです。寒い間にまた食べたいお鍋です。


しばらく、やる気が出ない病にかかっていたので、食事も手を抜き気味でしたが、今はすこーし復活したので、ぼちぼち頑張ります。

どうやらマチの噂では、道歩さんのごはん茶碗も売り出すとか…。

もちろん…うふふのふー。

発売は3月とのこと。楽しみがまた一つ増えました。





PageTop

関西への旅 ファイナル

遂に、遂に、ファイナルです。

長かったなぁ。のほほーんどころの騒ぎではないが、ま、仕方ない。

京都駅での目的はただ一つ。

夕食。

せっかく京都に来たのですから、優雅に頂きたいじゃぁございませんか。

とは言うものの、私は何もせず。

父がお店を予約してくれました。おほ!ありがとうございます!!

ホテルグランヴィア京都の「浮橋」で夕食を頂きました。

コースは「京重ね」でした。

P1060341.jpg

P1060342.jpg
先付:蓮根豆腐
モチモチしてて美味しかったです。「自分では作れないなぁ」とぼやきながら頂いていました。

P1060343.jpg
椀物:蟹真丈
お出汁が効いていて、しみじみ美味しい。旅の疲れには椀物が一番効くような気がします。

P1060345.jpg
三段重ね:口取り、煮物、造り
御雛様みたいで嬉しくなっちゃいます。

P1060344.jpg
口取り:出し巻、栗、海老、烏賊呂焼、銀杏松葉刺し、千代口(木の実和え)
煮物:蕪、鴨丸、茄子、粟麩、水菜
造り:鮮魚三種盛り

P1060346.jpg
揚物:穴子しそ揚げ、孫芋、木の子、青唐
なんと、揚げたてにテンションが上がり、写真を撮る前に少し食べてしまいました。お恥ずかしい。

P1060347.jpg
御食事:季節のご飯(栗ご飯)、汁、香の物
栗ご飯が美味しかったぁ。というか、何でも美味しいのです。

P1060348.jpg
果物:梨、柿、巨峰


ふー。全部美味しかったなぁ。お出汁文化恐るべし。
思い出しただけで、涎が出てしまいます。

食べ始めはお腹いっぱいになるなかなぁ?と思っていましたが、たっぷり時間をかけて頂いたので、充分にお腹いっぱいになりました。

父上、何から何までありがとうございました。
とても素敵で楽しい京都旅になりました。

以下:おまけ。

翌日も一人で京都をぶらぶらしました。写真はほとんど撮らずにぼーっと歩き回っておりました。

IMG_0001.jpg
広隆寺で秘仏:木造聖徳太子立像や弥勒菩薩半跏像(宝冠弥勒)に出会えました。

たまたま行った日(11/22)が一年に一度の秘仏御開帳の日でした。
33歳の聖徳太子で、本像には天皇が即位などの重要儀式の際に着用する黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)が着せられていた…ようです。

泣きながら拝んでた女性がいたのが印象的でした。

弥勒菩薩半迦思惟像は教科書で見たことはありましたが、本物は初めて。

414px-Maitreya_Koryuji.jpg
本当に美しくて、優しかったです。

像の前に小さな畳が用意されてあり、ゆっくりと鑑賞させてくださる広隆寺の配慮が素晴らしいなと思いました。

この後には…

IMG_0003.jpg
私の中では絶対に外せない、三十三間堂。

千手尊のお守りペンダントを家族へのお土産として6個も買ったのは私だけかもしれない。

20101125-10007.jpg
黄金に光るファイルもなかなかの存在感ですが。

私、仏像が好きなんだなぁーと思いながらの京都一人観光でした。

たくさん食べて、遊んで、買って、楽しい旅でした。
温かく送り出してくれた、主人、ありがとうございました!


以下、心理組への業務連絡。
P1060351.jpg
これが「特急ラピートβ」じゃった。
快適空間で関空まで30分足らず…。やっぱり、各駅停車よりも特急よねぇ。
ま、良い笑い話になったから、良しとしよう!

また皆で遊びに行きたいね♪

これで関西への旅記録は終了ですー。
足掛け三ヶ月もの間、御付き合い頂きありがとうございました。




PageTop

関西への旅 その3

いやいやいやぁ。もう2月が見えて来ました。

随分と長い事引っ張りました。やっと三回目です。

気を取り直して、心を秋の京都へと向かわせましょう。

知恩院の後は、祇園の先斗町をぶらりとして…

P1060334.jpg

こんな看板なんかを見つけたり…

P1060328.jpg

かわいらしい鍾馗(しょうき)さんも見つけたり。

P1060329.jpg

P1060330.jpg

※鍾馗(しょうき)さんとは、唐に由来する魔よけの神様。
入口上の庇の屋根瓦の奥に、瓦で作られた像が鎮座しており、その家を守っている。
形はさまざま。

先ほど、フレンチトーストを頂きましたが、京都でコレは外せないという事で…

P1060332.jpg

鍵善良房のくずきり!

P1060333.jpg

ツルツルもちもち。黒蜜もなんとも言えず美味しい!
幸せ。

食後はまた祇園を散歩。
昔は運河であったという「高瀬川」を見つけました。

P1060336.jpg

春は桜がキレイだそうです。

P1060335.jpg


そして、我々は旅の最終目的地、京都駅へ向かうのであったー。

PageTop

関西への旅 その2

明けましておめでとうございます。

旧年は、まったり更新の我がブログに御付き合い頂き、誠にありがとうございました。
今年の更新も引き続き、まったりーになると思いますが、温かい心で見守って頂ければ嬉しいです。

さて…関西に旅行したのは昨年の12月でして年越し更新となりますが、ちゃっかりご紹介しちゃいます。

結婚式の翌日は東京に住む父と合流し、関西に住む叔父を訪ねた後、少し京都観光をしました。
まず向かった先は、東山にあります「詩仙堂」。

SANY0034.jpg

普段は静かな名園ですが、紅葉シーズン真っ只中でしたので観覧の方がたくさんいました。

SANY0032.jpg

SANY0033.jpg

本当にきれいな紅葉でした。違う季節にもぜひ訪れてみたいです。


遅めランチは近くの「Very Bery Cafe」でフレンチトーストとサンドウィッチを頂きました。

P1060317.jpg

このカフェは私の両親がお気に入りのお店です。
母はこのお店のフレンチトーストに感銘を受けて、自宅で母オリジナルフレンチトーストを作ってくれます。
母オリジナルのフレンチトーストもかなりのボリュームですが…本物は別格でした…。

P1060319.jpg

どーーーん!!!
アイスクリームとメープルシロップがこれでもかっ!!!という程乗っています。
圧倒される量なのですが、食べられちゃうのですよねー。不思議。

P1060318.jpg

こちらはバーベキューサンドウィッチ。こちらも負けず劣らず、かなりのボリューム。
もちろん完食。

二品とも美味しく頂きまして、満足×満足。ご馳走様でした。

しっかり食事をとった後は、しっかり歩きましょう。
次に向かった先は「知恩院」。

SANY0039.jpg

古門側から入り、華頂通を歩きながら知恩院に向かいました。

P1060324.jpg

迫力が違いますねー。石川五右衛門が「絶景かな!」と叫ぶ気持ちがわかります。


といったトコロでその2はおしまい。
その3は…雪解けまでには書きたいと思います♪


PageTop

もう少しお待ち下さい

関西への旅 その後ですが、フィルムカメラの現像がまだ済んでおらず、アップできずなんです。

いつものことながら、のんきで申し訳ないです。のんびりとお待ち下さいませ。

P1060313.jpg

急がない、急がない。

詩仙堂の竹林です。



PageTop

関西への旅 その1

先日、友人の結婚式があり、大阪へ行ってきました。
結婚式の後に京都観光もしました。
少しですが、ご紹介。

まずは、久々の飛行機。
おのぼりさんは写真を撮ります。

P1060285.jpg

P1060291.jpg
琵琶湖?とか思いましたが、ほんとのところ、わかりません。


結婚式のお写真は・・・
プライベート満載なので、ここではお食事の写真を紹介します。

P1060299.jpg
八寸。マグロとカンパチの和風カルパッチョ フリーズドライの醤油
フリースドライの醤油は「ふりかけ」みたいでした。

P1060305.jpg
鱸-スズキ-のわさび炙り焼き 地鶏のエッセンスをソースにして
地鶏のエッセンスソースが美味しかったです。

P1060306.jpg
和牛フィレ肉とフランス産フォアグラのポワレ トリュフのソースでポルチーニのリゾット添え
名前、ながーい!でも美味しかったー!

P1060307.jpg
梅肉としらすのお茶漬け
ほっとするお味でした。旅疲れにはお茶漬けだねー。

P1060309.jpg
デザートはブッフェでした。
色々と盛りすぎ…。でも、しっかり美味しく戴きました。

氷菓の柚子のグラニテ、京湯葉と帆立の茶碗蒸しもありましたが、写真を撮り忘れました。
くー失敗。

P1060301.jpg
ちょっとわかりにくいですが、ウェディングケーキは日本地図。
新婦さんの出身は北海道、新郎さんは大阪で、それぞれに雪だるまとたこ焼きのアイコンが乗ってます。

とても素敵な結婚式で、幸せをたくさん分けてもらいました。
いつまでも、素敵なご夫婦でいてね。
かわいいベイビーが産まれたら会いに行くよー!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。